読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の引き出し、何が入っていますか?

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたはイラストを描いていて

 

「具体性がなく単調になる・・・」

「あれってどうなってるんだっけ?」

 

 

 

と、描こうとしている物が、どういう

外見・構造になっているのか解らなくなる

事がありませんか?

 

f:id:ryozin1119:20170325181541j:plain

 

 

私自身、まだ描いていない場所を描こうとする

と、「あれ、どういった感じだった?」と手が

止まる事がよくあります。シルエットだけは

 

何となく解るんだけど、具体的に描こうとする

と描けないんです。

f:id:ryozin1119:20170325214912j:plain

 

 

 

では、どうすれば具体的なイラストが

描けるのか・・・

 

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325214859j:plain

 

具体的なイラストを描く為の第一歩

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

内容を理解し、実際に行動に移す事が

できれば、

 

 

具体的なリアリティのある描写を描き出す事が出来る

ようになり、今の単調なイラストから1ランク上の

イラストが描けるようになるでしょう。

 

f:id:ryozin1119:20170404124112j:plain

 

そして、自信を持って投稿する事が出来て、今迄

見向きもしなかった周りの人達もあなたの実力が

上がった事を認めざるを得ないようになるでしょう。

 

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

「どうしてものっぺりとしたイラストに・・・」

「凄く説得力がない薄い印象が・・・」

 

と、具体性のない単調なイラストしか描けず、

イラストとしてもの凄くつまらない印象

なってしまい、投稿しても周りは素通りして

しまうイラストしか描けないでしょう。

 

f:id:ryozin1119:20170404152836j:plain

 

そして、誰からも実力を認めてもらえず自分の

力の無さを突き付けられて落胆することに

なります。

 

 

自信も無くなり、イラストを描く事さえ嫌に

なってしまい、描く事を止めてしまう事に

なります。

 

f:id:ryozin1119:20170404153056j:plain

 

 

ですので、この記事を読んで具体的な

イラストを描く為の第一歩を踏み出して

ください。

 

 

では、何をすればいいのか。

 

 

それは・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170409131016j:plain

~スケッチして記憶化する~

 

まず、のっぺりとした単調なイラスト

なる一つの要因として、描く物の情報が

限りなく少ないという事が上げられます。

 

 

そこで、どうやって情報を増やしていく

のかを紹介します。

 

 

f:id:ryozin1119:20170404132729j:plain

~スケッチ~

 

スケッチとは人物や風景などを大まかに

描写する事です。写生・粗描・素描とも

言われます。

 

そう、スケッチです

 

 

スケッチをして、見て描き記憶の中に情報を

貯めていくという事をしていくんです。

スケッチをすれば、記憶にも残り手で描く

 

ので描く時に迷わずスラスラ描く事

容易になります。

f:id:ryozin1119:20170404151539j:plain

 

要は、インプットとアウトプットの両方を

鍛え上げる事が出来るのがスケッチです。

情報を「見る・記憶する・描く」という

流れです。

 

例えば、あなたがよく通る道にある店の

看板などを思い出してみてください

コンビニやスーパーなど何でも構いません。

 

今すぐ紙に描けと言われたらすぐに

詳細に描けますか

 

f:id:ryozin1119:20170403031921j:plain

 

どんなロゴ(模様)でどんな色だったかなど、

具体的に描けるでしょうか?案外、人はしっかり

見ているようでちゃんと見れていないのです。

 

コンビ二で「7」の文字があれば、

セブンイレブンで、「ミルクのイラスト」が

あればローソン、「K」とあればサークルK

 

など大まかな形でしか記憶出来ていません

 

f:id:ryozin1119:20170328135426j:plain

 

ですので、スケッチをする事で見る・描く

事で色々な情報を脳に貯めていく事

していきましょう。

 

 

では、どうしたらいいのか・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170409131314j:plain

記憶媒体を持ち歩こう

 

まず、スケッチする為の道具を用意しましょう。

そうです、スケッチブックを買いましょう

今なら手で持ち歩く事が出来るようなサイズの

 

物もあると思います。ないならメモ帳でも何でも

いいです。兎に角描ける媒体があれば。そして、

外に出た時などに気になる物などを描きましょう。

f:id:ryozin1119:20170409131425j:plain

 

スケッチは大まかに描写する事なので、キレイに

描くとかは気にしなくてもいいです。描ければ

それはそれでいいですが・・・

 

要は、描く物体がどうなっているのかを「観察」

して、どのようになっているのかを意識しながら

描いてみましょう。

 

 

例えば、コンビ二なら

看板の形は?色は?

壁は?窓は?

ゴミ箱ってどんな形だった?

 

 

など、特徴的な所を捉えて描いてみましょう。

何度も言いますがキレイじゃなくていいです。

記憶に叩き込んで、記憶を表に出す為の練習

です。

f:id:ryozin1119:20170325183625j:plain

 

 

こんな感じで、記憶を引き込む・出すという

事をいつでも出来る状態にすればあなたの

頭には記憶がどんどん貯まっていき、イラスト

 

を描く時にも具体的なイラストが描けるように

なるでしょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

 

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動しましょう

 

 

今回あなたにしてほしいのは

今身近にある物を頭で想像してください

それを、頭の中の記憶だけで描いて

 

みてください。頭の中の情報がどれだけ

少ないかを認識してください。そして、

次は実際に目で見て、紙にスケッチして

下さい。

f:id:ryozin1119:20170404153252j:plain

そうすれば、次からは同じ物を描くにしても

前よりも具体的に描き出す事が出来る様に

なるでしょう。

 

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!

 

 

それでは、今回はこれで失礼します。

 

 

今回の記事で感想などがあれば、

コメントなどをどんどん書いていただければ

と思います。

 

 

あなたと会話が出来ることを楽しみにしています。