ペンを握るその前に、コーヒーカップを握って物思いにふけってみよう

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたは、背景が出来上がった後

 

「なんか雰囲気がでてないな・・・」

「何の背景か伝わってこないな・・・」 

 

 

と、背景が完成したけど背景の

雰囲気がイマイチ出ていなかったり

当初の予定より全然違う背景

なってしまったという事はありませんか?

 

f:id:ryozin1119:20170403031921j:plain

 

私も当初、背景なんて物は「描けばその内

雰囲気が出てくる物」という感じで

描いていたのでよくこの壁にぶつかりました

 

しかし、描く前に「ある事」をちゃんと

計算していないと、どれだけキレイに描けても

雰囲気を出す事が出来ません

 

 

ですので、この記事を読んで描く前の下準備

必ず行うようする習慣を付けましょう!

 

f:id:ryozin1119:20170325214859j:plain

 

 

では、描く前の下準備「ある事」とは・・・

 

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170404132729j:plain

描く背景の下準備「背景設定」

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

内容を理解し、実際に行動に移す事が

できれば、

 

何の背景なのかが観ただけで伝わるような、

とても具体性を持った背景が描けるようになり、

周りをグッと惹きつけられるようなイラストが

描けるようになるでしょう。

 

f:id:ryozin1119:20170404124112j:plain

 

そして、あなたが頭の中で描いていたあなた

だけの世界を具体的に再現できるようになり、

あなたが創りだした独創的且つ具体的な背景を

 

周りの人が観てくれて、あなただけの

ファンがどんどん増えていき、

独占する事が出来るでしょう。

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

「何を描きたかったんだろ?」

「ストーリーがなくてつまらないな・・・」 

 

 

と、描く前に「ある事」を省いてしまったが為に

説得力がなく何も伝わってこないただの背景の

イラストになってしまい、例え観てもらえても

飽きて評価される事無く見て終わりになります。

 

f:id:ryozin1119:20170404153056j:plain

 

そして、レビュー数も少なく評価も

コメントもない、とても寂しい

ただの背景イラストで終わってしまい、

 

あなたは描く気力と共に

自信もなくなってしまうでしょう。

 

 

 

ですので、この記事を読んで背景を描く前に

した方がいい「ある事」の大切さを理解し、

観ただけでも何の背景かが伝わるような

具体性のある背景を描ける様になって下さい。

 

 

 

では、何をすればいいのか・・・

 

 

 

描く前にした方がいい「ある事」とは・・・

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325181541j:plain

具体性的なストーリーを創造する

 

 

そう、「舞台設定」です。

今から描こうとする背景はどういった

場面を描いた物かというのを具体的にする為に、

ストーリーを考えましょう

 

 

何の背景なのか伝わってこない背景というのは

この「舞台設定」ができていない事が多いです。

 

 

私も最初の頃は、何も考えず雰囲気だけで

描いていたので「ただの背景」しか描けず、

ストーリーが見えてこない面白みのないイラスト

しか描けませんでした。

f:id:ryozin1119:20170327114436j:plain

 

しかし、描く前に少しでもこの1手間を

行うだけで断然、説得力が上がってきます

 

 

 

では、どうすればいいのか・・・

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105158j:plain

脚本家気取りで決めてみよう

 

 

設定はなるべく事細かに決めていけばいく程

説得力が出てくるのでなるべく詳細に

決めていきましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105321j:plain

1・世界設定

 

描く背景がどういった世界に出てくるのか

決めましょう。

 

過去?現在?未来(SF)?

海外?国内?

リアル?ファンタジー?

過去に遡るなら何時代?

 

というように詳しく決めましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105517j:plain

2・場面設定

 

描く背景がどのような場面で使用されるのか

決めましょう。

 

部屋の中?買い物中?冒険中?

通学中?バカンス先?

 

というように詳しく決めましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105700j:plain

3・人物設定

 

描いた背景にどんな人物が登場するのか

メインで使用しているのかを決めましょう。

 

部屋なら、

性別は?年齢は?性格は?

ファンタジーなら職業は?

 

町の中なら、

現在の人々?何処かの部族?人ではない種族?

 

というように詳しく決めていきましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105809j:plain

4・時間帯設定

 

描いた背景の現在の時間帯を決めましょう。

 

朝?昼?夕方?夜?

電脳空間で1日中一定?

 

というように詳しく決めていきましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413105904j:plain

5・アングル設定

 

描いた背景を誰目線で見ているのか

どの様な角度で見ているかを決めましょう。

 

背の低い人目線?背の高い人目線?

頭の角度は、

煽り(アオリ)?俯瞰(フカン)?水平?

 

というように詳しく決めていきましょう。

 

 

※煽り(アオリ)・上を見上げる様な構図。

 俯瞰(フカン)・下を見下ろす様な構図。

 

 

という感じで、それぞれ事細かに詳細設定

していく事で、イラストに

文で説明したかの様な説得力

生まれてくるんです。

 

是非、1つでも多く設定をしていきましょう!

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

 

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動しましょう

 

 

今回あなたにしてほしいのは

舞台設定をして落書きをしてみましょう。

ラフで構いません。重要なのは「設定」です。

f:id:ryozin1119:20170413110008j:plain

 

まず、紙と描くペンを用意して、

部屋枠を描いて下さい。

その枠を決めた後、具体設定をして

具体的な背景を描いてみましょう

 

同じ部屋枠だけで2・3パターン位違う設定

描いてみましょう。

 

こうする事で、あなたが今後描く背景に

具体性が増していきます

そして、あなたの創造世界に

あなただけのファンを迎え入れましょう。

f:id:ryozin1119:20170404151539j:plain

あなたが描く背景の虜にして、あなただけの

ファンをどんどん増やしていきましょう。

 

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!

 

 

それでは、今回はこれで失礼します。

 

 

今回の記事で感想などがあれば、

コメントなどをどんどん書いていただければ

と思います。

 

 

あなたと会話が出来ることを楽しみにしています。