読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのイラストに説得力を持たせる為に「アレ」を始めよう!

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたは、背景を描き始める前に

 

「どういった風景を描こうかな・・・」

「どんな雰囲気にしよう・・・」

 

と、描く前にどういった場面を描くか

悩むことはありませんか?

 

f:id:ryozin1119:20170325181541j:plain

 

 

私も、背景を描く際どういった雰囲気、

場面を描くかを未だによく悩みます。

でも、ここをしっかり決めていないといい

背景は描けません

 

 

設定が浅いと完成してもイラストに説得力が

なくなります。逆に設定をしっかりとして

いればイラストにも雰囲気がでて説得力も

出てくるでしょう。

 

 

では、まずどういった場面を描くのか・・・

どういった雰囲気の場所を描くのか・・・

 

f:id:ryozin1119:20170325192355j:plain

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

f:id:ryozin1119:20170404111206j:plain

今から描く場所を詳細設定する方法

 

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

内容を理解し、実際に行動に移す事が

できれば、

 

イラストに具体性が増し、周りを説得

できるような具体的なイラストが描ける

ようになるでしょう。

 

 

雰囲気もより具体性を増し、

「私もこの絵の中に住んでみたい!」

と周りが思ってしまうような説得力が

出てくるでしょう。

 

 

そんなイラストを周りの人は放っておけ

ないでしょう。

f:id:ryozin1119:20170325184006j:plain

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

「描いたけどなんかバラバラな感じが・・・」

「何を描きたかったんだろ・・・」

「なんか嘘くさい絵になったな・・・」

 

と、設定が曖昧であったが為に雰囲気が出ず

何が描きたいのかよく解らない変なイラスト

が出来上がり、中途半端なイラスト不完全

燃焼のまま終わる事になります。

 

f:id:ryozin1119:20170327114436j:plain

そんなイラストは誰も見向きもしません

投稿しても周りの人は素通りしていきあなたの

描いた世界は孤立してしまうでしょう。

 

 

あなたが設定という物をしっかり取り組まない

限り、良いイラストは絶対に描けません

 

 

ですので、この記事を読んで

描く場面の詳細設定をしっかり

行なえるようになってください。

 

f:id:ryozin1119:20170325214859j:plain

 

 

では、なにをすればいいのか。

 

 

それは・・・

 

f:id:ryozin1119:20170328120430j:plain

~描こうと思っている場所に行く~

 

そう、描こうと設定した場所に似た所に

実際に行ってみる事(下見)です。

「ロケハン」という言葉を聞いた事が

ありませんか?

 

f:id:ryozin1119:20170404123620j:plain

ロケーションハンティング

 

画コンテ作成時や実際の収録の前に、

実際に収録を行う場所を下見すること。

「ロケハン」と略して呼ばれたりもします。

 

アニメなど、架空の世界で描かれている

物もあれば、実際にある場所にいって

その場所を下見してその世界が描かれる

事もよくあります。

 

よく、アニメの聖地になっている所とか

ありますよね。あのような場所はアニメの

舞台になる大元になっています。

 

f:id:ryozin1119:20170325163408j:plain

つまり、詳細な設定をするなら、描く雰囲気

が決まればその雰囲気が出ていそうな場所を

探してみましょう。別に参考画像でいいと

 

いえばいいのですが、実際に行ってその場の

空気というものを自分の身で感じてみた方が

より忠実に再現できると思います。

 

 

では、実際に行ってどうしたらいいのか・・・

 

f:id:ryozin1119:20170404123824j:plain

~描く世界を切り取ろう~

 

そうです、描こうとする世界の資料を

その場で作成していきましょう。

一番手っ取り早いのが「カメラ」です。

 

カメラで描きたい風景のアングル

描こうとしている世界に登場する

「小物」などを沢山撮りましょう

 

f:id:ryozin1119:20170404123932j:plain

ラーメン屋さんを描くなら、

カウンターから見たアングルか、

テーブルから見たアングルなのか、

 

ラーメン屋にある「小物」、箸入れや

暖簾、提灯、メニュー看板、カウンター席

など、個別に撮っておくといいでしょう。

 

後は、描く時に自分ならではの構図、小物の

配置をしてオリジナリティを出して雰囲気

を出していきましょう。

f:id:ryozin1119:20170404124112j:plain

 

こうして、詳細な設定をしていく事で

あなたのイラストに説得力という物がついて

きて、その場の雰囲気というのも出て

くるんです。

 

ですので、わたしはあなたにカメラを

始める事お勧めします。今なら

スマホなどもあるので、是非気に入った場所が

あれば風景を切り取る習慣をつけましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

 

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動しましょう

 

 

今回あなたにしてほしいのは

「風景を切り取ること」です。

今、手元にあるスマホでも構いません

 

気に入った場所、雰囲気のある場所、

気に入った小物など、どんどん資料を

貯めていきましょう

 

後にイラストを描く時に役立つかもしれません。

 

こうして風景を切り取って資料にする事で

あなたは今後、イラストを描く前に詳細な

設定を決めることが出来、周りを惹き付ける

イラストが描けるようになるでしょう。

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!

 

 

それでは、今回はこれで失礼します。

 

 

今回の記事で感想などがあれば、

コメントなどをどんどん書いていただければ

と思います。

 

 

あなたと会話が出来ることを楽しみにしています。