読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手を抜くほどに魅力的になるありえない表現方法とは?

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたは遠近感をとる時に

 

「どこをかえれば遠近感が出るのかな?」

「パースはちゃんととれてるはずなのに・・・」

 

 

と、パースなど描写は上手く描けて

いるはずなのにどこか遠近感がとれておらず

どうしたらいいか悩む事はありませんか?

 

f:id:ryozin1119:20170328135426j:plain

 

私も何とか技術も付いてきて

イラストはいい感じに描けているにも

関わらず、どこかうまく遠近表現ができ

ていないと悩む事がありました。

 

 

じゃあ、いったいどうやれば上手く

遠近表現が出来るのか・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170325165645j:plain

 

色々方法はあるのですが今回は

ちょっとした表現方法

遠近感を出す方法をお伝えします。

 

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

f:id:ryozin1119:20170325183625j:plain

 

「遠景の全てを描かない演出法」

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

内容を理解し、実際に行動に移す事が

できれば、

 

 

イラストにメリハリがつき

尚且つ「イラストらしい世界観」を

演出する事ができます。

 

 

この技術を身につければあなたの

イラストは現実世界とはまた一味違った

世界を創造する事ができるでしょう。

 

f:id:ryozin1119:20170325184006j:plain

 

そして、その世界は他の人を魅了する

ことでしょう。

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

 

「どこを変えれば・・・もう手は尽くしたのに」

「何処が足りてないんだろ・・・」

 

 

と、いつまでたっても試行錯誤して

何度も修正を繰り返して、ペンタブの

先がなくなってしまい、描く事さえでき

なくなるでしょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325154754j:plain

 

最悪、描かない日が続いて結局描く事

から遠ざかってしまい、あなたはペンを

握る事がなくなるでしょう。

 

 

ですので、是非この記事を読んで

新たな演出法を掴んでください。

 

 

では、どうすればいいのか。

 

 

それは・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170325201614j:plain

ちょっと手を抜く手法

~デフォルメ表現~

 

 

そう、遠景の部分は詳細に描かず

存在する物の特徴だけを捉えて

細部は省く方法です。

 

 

アニメや漫画などをみれば解りますが

遠景は近景のように詳細には描いて

いません。

 

 

では実際にどのようにして表現するのか

を紹介したいと思います。

 

 

手抜きで魅了するデフォルメ表現

 

1・まず色は遠近ですので彩度・明度は

近景でチョイスした色よりも離れた所から

選びましょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170331144139p:plain

2・描く物のシルエットを描きます。

近景で見るよりも粗く描いても結構です。

 細部ですが近景のようにハッキリ描かない

 

ように。特徴的な所だけをピックアップして

描きましょう。

今回だと幹と葉のシルエットのみを描き幹に

うっすらと筋を入れているだけです。

 

f:id:ryozin1119:20170331144400p:plain

ちなみに近景はこれくらい色数もあり

幹も解るくらいに描写しています。

先ほどのデフォルメ表現と比べると全然

違いますよね。

 

以上が、手を抜きながらも魅力的に

見せる方法でした。

 

手順が単純すぎて効果がないように思え

ますがこの所に気にかけるだけで全体の

印象はガラッと変わります。

 

f:id:ryozin1119:20170325214859j:plain

 

この技術をあなたのイラストに取り込めば

あなたのイラストは一気に完成度の高い

イラストになるでしょう。

 

完成度と共に周りの反応もグッと上がる

事になるでしょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

 

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動しましょう。

 

 

今回あなたにしてほしいのは身近にある

物をじっくり見て、特徴的な所だけを抽出

してみてください。

 

 

そして、時間があれば特徴的な所だけを

抽出して描いてみてください。

要はデフォルメ表現の練習をしてみて

下さい。

 

これができればあなたは今後遠景を描く時

に、省ける所は省いて描けるようになり

デフォルメ表現をする事が出来るでしょう。

 

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!

 

 

それでは、今回はこれで失礼します。

 

 

今回の記事で感想などがあれば、

コメントなどをどんどん書いていただければ

と思います。

 

 

あなたと会話が出来ることを楽しみにしています。