読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物体は「視覚」だけでは表現できない・・・

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたは物の質感(テクスチャ)を描くときに

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325181541j:plain

「なんか本来の質感がでてないな・・・」

「これ、どんな質感だったっけ??」

 

 

など、物の質感の描写の段階で

悩むことありませんか?

 

 

私自身、初めの頃は質感という

項目を気にせず描いていたせいか

物体本来の質感が上手く表現

出来ない事がよくありました。

 

 

そう、物体の質感という物を

理解しない状態で描くのと、

質感を理解した上で描くのとでは

イラストの仕上がりが段違いになります。

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325183625j:plain

 

では、どうすれば「質感」という物を

上手く描けるようになるのか・・・

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

「質感をどうやって認識するのか」

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

「質感」という物の認識方法を

知ることが出来れば

 

 

f:id:ryozin1119:20170325184006j:plain

物体本来の質感が表現する

事ができ、よりリアルなテイストの

イラストが描くことが出来て、

 

単調なイラストではなく、

臨場感溢れるイラストを描く

事が出来る様になるでしょう。

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

 

「この物体、凄い違和感があるな・・・」

「なんか単調なイラストになったな・・・」

 

 

と、「質感」という物を無視して

描いたが為に、凄く違和感があるイラスト

しか描けず何度も何度も書き直す事に

 

なってしまい、結局「もうこれでいいか」

と途中で投げ出して中途半端なイラスト

しか描けなくなってしまいます。

 

 

つまり誰からも見てもらえない

つまらないイラストしか描けないんです。

 

 

 

質感を知ることをしなければ、リアルな

イラストは絶対に描けません。

 

 

リアルなイラストを描く為に必要な

「質感」を極める為に、今から

教える方法を是非一度試して下さい。

 

 

じゃあ、何をすればいいのか。

 

 

それは・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170325191738j:plain

 

「実際に物に触れること」

 

 

まず、あなたが描く物体を見つけて

それを手で触れてください。

 

テレビや本など、「視覚」だけで

捉えるのではなく手で触れる事もして

「触覚」として、その手触り

を覚えてください。

 

・レンガなら表面がザラザラしている

・携帯の画面はツルツルしている

・粘土はグニグニしている

 

f:id:ryozin1119:20170325185828j:plain

 

など、手で触った触覚と目に映った

視覚の2つの感覚を用いて頭に物の

質感をインプットするんです。

 

 

漢字なども、覚えるには見るだけ

じゃなく、書いたりもして色々な

方向から頭にインプットしますよね?

それと同じ感覚です。

 

 

小石や葉など軽く持って帰る事が

出来る物などはもって帰って描く時、

手元においておきましょう。

 

 

そして、次にどうすればいいか・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170325192355j:plain

 

「頭の中で擬音をイメージする」

 

 

実際に触った時のイメージを

視覚・触覚を頼りに擬音に変換して

みましょう。

 

小石なら「ザラザラ」

机なら「ツルツル」

など擬音に変えてみてください。

 

そうすることによって、

質感のイメージが掴みやすくなります。

 

後は、イラストを描く際に

頭に入れた情報、

(視覚・触覚・そして擬音)をイメージ

してイラストに落とし込んでみてください。

 

 

そうすれば、何も意識しないで描いていた

時よりも、もっとリアルな「質感」が

描けるようになるでしょう。

 

そして、あなたのイラストはより

臨場感が増し、周りの人が

あなたのイラストを見てくれる

ようになります。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動に移しましょう。

 

 

今回あなたにやってほしいのは、

何でも構いません、身近にある物

に触れて「手触り」を確認してください。

机でも筆記用具でも構いません。

 

簡単ではありますが、この「触る」という

行動をすることであなたの手は、

「触れる」だけではなく、

「質感を掴む」事の出来る手に変わるでしょう。

 

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!!

 

それでは、今回はこれで失礼します。

 

今回の記事で何か感想などがあれば、

コメントなどをどんどん書いていただければ

と思います。

 

あなたと会話が出来ることを楽しみにしています。