プロフィール

どうも、イラストレーターのkokiです。

 

 

私のブログに興味を持っていただき

有難うございます。

 

 

このブログではphotoshopを使用して

描くデジタル背景イラストのノウハウ

紹介させていただきます。

 

 

早速ですが、この場をお借りして

私の自己紹介をさせて頂ければと思います。

 

 

 

現在、私はイラストレーターとして

ゲームを中心に、photoshopを駆使した

「デジタル背景」を描いています。

 

 

 

あなたは、私が初めからイラストの

才能・知識・技術があったと思いますか?

 

 

努力や失敗をせずに今に至ったと思いますか?

 

 

 

答えは「No」です。

 

 

今のイラストを描くだけの力を手に入れるのに

私は5年の年月を費やしました。

 

 

 

初めの頃、私はデジタルのイラストを

描く為の道具、背景の描き方や知識など

そういった物が空の状態でした。

 

 

 

「パース」という言葉さえ解らず

「何?パース?なんだそれ?」

という感じでした。

 

 

 

とにかく、道具を揃えるだけ揃えて

いざ描こうとなっても

「何からすればいいんだろ?」

という状況に陥り、手が止まったままでした。

 

 

 

参考書を買ってきて読んでも、ネットで調べて

やり方を見ても何がなんだかさっぱりの状態

だったんです。

 

 

 

実際に、なんとなく描いてみても

ガタガタの線で描いて幼稚園児が描いた物と

対して変わらないような物しか描けなかったです。

 

 

 

知識もないので遠近感もバラバラ・色も単色で、

ソフトの機能を使用してみようと思っても

さっぱりでした。

 

 

 

そして、独学では無理だなと感じ、意を決して

社会人でも通える専門学校に入学しました。

 

 

 

これで何とかなるかなと思っていた訳ですが

これも失敗に終わったのです。

 

 

 

その学校では宣伝で1から基礎を学び

描けるようにするというのが売りだった訳ですが

入ってから雲行きが怪しくなったんです。

 

 

 

入学から1ヶ月が過ぎ、ほんの少しだけ基礎らしい

授業をした後、先生が出したお題を生徒が描いて

それを先生が見て回りちょっとアドバイスするだけ

という詐欺に近いような内容でした。

 

 

 

そして、学校も後半に入り先生が言いました。

「もう残りの授業もわずかだから、今からは

私の得意分野だけを教えます」と。

 

 

 

「???」

 

 

 

頭の中がパニックになりました。

「え!?基礎は?もう教えてくれないの?」

「そもそも基礎の授業何回した?」

という感じでした。

 

 

 

学校の説明の時に、

「授業は基礎をみっちり行っていくから」

ということだったのですが実際はほぼ

スカスカの授業内容でした。

 

 

 

結局馬鹿馬鹿しくなり

その学校は途中から行かなくなりました。

本当に時間・労力・お金、全てが

無になってしまったのです。

 

 

 

学校も行かなくなり家で自分なりにまた

勉強して、なんとなく基礎が付いてきた頃、

イラスト投稿サイトなどに投稿するように

なりました。

 

 

 

ですが、やはり得た知識が浅いのか

誰からも注目されず、ただ投稿するだけの

イラストだけが増えていきました。

 

 

 

「こりゃいつまで描いても無駄だな・・・」

 

 

 

そんな日々が続き、結局イラストも

描かなくなり、また普通の日常に

戻ってしまいました。

 

 

 

でも、頭の中に悶々とした物があり、

結局諦めきれずまたイラストを

描いてみようかなと思いパソコンに

向かいました。

 

 

 

大分期間が開いていたので

結果、前まで蓄えていた知識さえも

抜け落ちていました。

 

 

「また1からの出直しか・・・」 

 

 

 

そして、また参考書を探し、前回と

同じ所まで挽回はしたものの、結局

前と同じ所で躓いてしまったんです。

 

 

 

そこで私は、ここから前進するにはまた違った

方向から道を探した方がいいのではないか

思い今度は、ソフトの「使用方法」が掲載

している本を探しました。

 

 

 

そんなある日!!

 

 

 

私は凄い参考書を見つけたんです!

 

 

その参考書はデジタル機能を使用し、

どのように描いていくのかという本でした。

初心者にも易しいというタレコミもあった為

私は、これを手にしたのです。

 

 

 

「これなんじゃないか!?」

「確かに今まで機能に関しては

苦手で遠ざけてたし・・・」

「これが、今の自分に足りていないのかも」

 

 

よし、こっち方面はまだ未開状態だったし

こちらを極めていこうと思い、私は「機能」

を学び始めました。

 

 

 

その参考書を見て、私は「知識」も確かに必要

だけど「機能」を上手く使用できれば

凄いイラストが描けるというのを学べたのです。

 

 

 

最初は、知識と同じで何がなんだかわからない

状態でした。

 

 

 

ですが、今まで苦手で触なかった

「ブラシの設定」や「ペンツールの使い方」など、

ソフトの「機能的」な方面なども勉強して

 

使用していくと今までに表現できなかったイラスト

が段々と描けるようになってきたのです。

 

 

 

そして、その結果は徐々に出始めてきたのです。

 

 

 

今まで殆ど反応されなかった私のイラストが、

「このイラスト、お借りしてもいいですか?」

「上手ですね!!」

など周りから反応が返って来たのです。

 

 

 

そんなイラストが描けるようになり投稿を

何度か繰り返して数ヶ月が経った頃、

私には信じられない事が起こりました。

 

 

 

何だと思いますか?

 

 

 

仕事の依頼が来たのです。

 

 

 

「〇〇という者ですが、あなたのイラストが

凄く気に入りました。

是非一度ご連絡頂けますか?」と。

 

 

 

私は、思考が停止しました。

「依頼?え?仕事?」

ちょっとしたパニックに陥りました。

 

 

 

それ位に私は歓喜したのです。

まさか、最初は幼稚園児並みのイラストしか

描けなかった私が仕事を引き受けられるような

所まで辿り着けるとは思っていなかったので。

 

 

 

そもそも、未だに「機能」を使用しなければ

幼稚園児並みのイラストしか描けないんですよ?

 

 

 

でも「機能」を使用できるようになるだけ

これだけ反応が違うイラストが

描けるようになったのです。

 

 

 

そこで、私は過去を振り返り

「なぜ、ここまでイラストが上達したのか」

というのを考えてみました。

 

 

 

その結果、「デッサンやクロッキーといった

基礎に時間を掛けず、背景を描く上での重要

な要素だけを抽出して描くずぼら上達法」

を考えました。

 

 

 

私はこの成功の喜びを誰かに伝えたいと思い、

学校で出会った友人に「こんな方法で描ける

ようになったんだけどやってみない?」

と冗談半分でこの方法を薦めてみたんです。

 

 

 

するとビックリする結果が出ました。

なんとその友人も同じく、今まで描けなかった

ようなイラストが描けるようになったんです。

 

 

 

線がガタガタで見るに耐えないイラストだったのが

この上達法を実践して、見栄えの良いイラストが

描けるようになったんです。

 

 

 

まさか、自分以外でも結果が出るとは

思わなかったので、その時は自分のことのように

ただただ嬉しかったです。

 

 

 

だから私は、この技術を昔の私と同じように

苦しんでいる方・悩んでいる方に教えたい・

伝えたいと思いこのブログを公開する事にしました。

 

 

 

今の私は、手書きだとイラストを描いていない人と

同じレベルの立ち位置にいます。

 

 

 

しかし、背景の「知識」と「機能」を使用すれば

仕事の依頼がくる位のイラストレーターに

変身する事ができるのです。

 

 

 

次にこのイラスト力を手に入れるのはあなたなんです。

 

 

 

是非、私の上達法であなたも魅力的な

イラストを描けるようになって下さい。

 

 

 

きっと今まで以上に「イラスト」が好きになります。

 

 

 

諦めずに行動さえ起こせば、

あなたの求めているイラストは絶対に

描けるようになります。

 

 

 

チャンスは待つ物じゃない。掴むものです。

そして、そのチャンスはもう目の前に来ています。

 

 

 

掴むのはいつなのか・・・

 

 

 

それは「今」です。