描くんじゃなくて描かせろ!自ら描かず観る人に描かせる〇秘テク!!

 

こんにちは、kokiです。

 

あなたは、背景を描いている時に

 

「なんか絵に広がりが無いな・・・」

「どう描けば広大な雰囲気が伝わるのか・・・」

 

 

と描いている背景に閉塞感

感じる事はないでしょうか?

 

f:id:ryozin1119:20170404152836j:plain

 

描いている背景の世界が凄く

狭くなっていませんか?

 

 

私も、始めの頃に描いていた

背景はもの凄く狭苦しい、

本当の意味で「絵の中の世界」

という物を描いていました。

 

f:id:ryozin1119:20170325183625j:plain

 

 

では、なぜ狭い背景に見えてしまう

のか・絵に広がりが無い様に

見えてしまうのか・・・

 

 

そう、今回ここであなたにお伝えするのは

 

 

f:id:ryozin1119:20170328120430j:plain

「広がりのある世界を感じさせる方法」

 

 

を紹介したいと思います。

 

 

あなたがこの記事を読んで

内容を理解し、実際に行動に移す事が

できれば、

 

 

全てを描かなくても、絵の世界を

広げる事が出来て、観ている人が

興味津々になってじっくり

観てもらえる様な背景が描ける様になり、

 

観ている人を魅了して、

高く評価してもらえる様になるでしょう。

f:id:ryozin1119:20170404105028j:plain

 

そして、「次はどんな世界を描くんだろう」

と、あなたの描く世界をまた見たいと

思ってくれるリピーターが沢山増えて

 

あなたは絵を描く事に喜びを感じて

あなたの日常生活に「絵を描く」という

日課が付け加えられる事になります。

 

 

そうしなければならなくなる位

リピーターがあなたの描く世界を

待ち望む様になるでしょう。

f:id:ryozin1119:20170404151539j:plain

 

 

逆に、あなたがこの記事を見落としたり、

行動に移す事をしなければ

 

「世界観はちゃんと出来てるんだけど・・・」

「絵が全然評価されないな・・・」

 

と、世界観などはちゃんと設定できていて

イラスト自体もの凄く魅力的なのに、

想像以上に評価されず落胆する事に

なるでしょう。

f:id:ryozin1119:20170327114436j:plain

 

そして、絵の「描き方」ばかりに

執着してしまい、「描写だけが上手い

残念なイラストレータ」という

称号を与えられかねません。

 

 

リピーターは増えるどころか

減ってしまい、周りのイラストレーターに

評価をごっそり持っていかれるでしょう。 

f:id:ryozin1119:20170404153056j:plain

 

 

ですので、この記事を読んで

描かなくても魅力度をアップできる

方法を掴んでください。

 

 

では、描かなくても広大さを出し

魅力度をアップするにはどうすれば・・・

 

 

それは・・・

 

f:id:ryozin1119:20170325163408j:plain

目に納まる背景を描くな!!

 

 

そうです、「絵」だからといって

フレーム内に世界を納めるという考えを

捨ててください。

 

この考えを前提に構図や設定を行って

しまうと、どうしても絵の中に世界を

伝える為の情報を凝縮してしまう事に

 

なってしまい、絵の中が窮屈になって

しまって却って魅力を台無し

しかねません。

f:id:ryozin1119:20170325154327j:plain

 

 

ですので、目に見える範囲だけで

世界観を表現するのではなく

 

「この先に何かがありそうだな・・・」

「なんかここに怪しい雰囲気が・・・」

 

 

という感じに、ミステリアスな雰囲気

演出できるような「見せ方」を考えて

描いていく方がいいです。

f:id:ryozin1119:20170413115906j:plain

 

 

では、どうすればいいのか・・・

 

 

f:id:ryozin1119:20170413115226j:plain

絵の外に導くような場所を設ける

 

そうです、絵の中で世界を完結させない

為に絵の外側に導くようなポイントとなる

空間や、オブジェクトを利用して画面外に

 

興味を持たせる様にしましょう。

では、下のイラストを見てください。

f:id:ryozin1119:20170416170933j:plain

 

これは、私が描いた作品です。

右側を見てください

階段があり、光がさしている場所

ありますよね?

 

 

 

実は、当初の予定では建物が

連なっていて、普通の壁があって

何かの店を設置して終わる予定だった

 

のですが、それだと絵に広がりが無く

興味性が無い、絵の中で完結してしまう

背景になってしまいそうだったので、

 

何か空間を設けて、その先に何かが

ありそうと思わせるようにしようと

考えて、絵の外に繋がりを持たせる

 

「階段」を設置しました。

 

 

f:id:ryozin1119:20170413110008j:plain

どうでしょうか?

 

 

この階段がある事で「階段を上った先に、

どんな空間があるんだろうか?」と、

絵の内側ではない外側の「空間」がどう

なっているのかと創造したくなりませんか?

 

 

 

光がさしているという事は広場かな?

それとも、

階段がずっと続いていて両側に店が

並んでいるのかも・・・

 

 

観ている側が「~かも」という

創造させるような要素を付加させています。

f:id:ryozin1119:20170403031921j:plain

 

 

 

もしこれが、当初の予定通り、普通に壁が

あって店を配置していれば、きっと絵の中で

完結してしまって創造するという事は

無かったでしょう。

 

 

 

例えばですが、あなたは今迄生きてきた

中で「プレゼント」という物を

貰ったことがあると思います。

f:id:ryozin1119:20170416204242j:plain

 

 

そのプレゼントを貰った時、どんな形で

貰いましたか?きっと、包装紙などで

包まれた状態で渡される事が多いと思います。

 

あれってもの凄く興味ありませんか?

包装紙の中身が何なんだろう?

そう思った記憶はないでしょうか。

 

 

 

なぜ、興味が湧くのでしょうか・・・

 

 

きっとそれは、中身が何なのか

包装紙で見えないが為に頭の中で

想像する事で「興味性」が

駆り立てられるんです。

 

f:id:ryozin1119:20170416204424j:plain

つまり「わくわく」するんです。

 

 

もし、プレゼントが何も包まれずに

そのまま渡されたら・・・

それはそれで嬉しいでしょうが、

わくわくはしませんよね。

 

 

 

この「見えない所」がコツなんです。

つまり、見ている人に想像する余地を

与えるんです。

 

f:id:ryozin1119:20170328115113j:plain

 

そうする事で、あなたが描かなくても

観る人自ら考えて自分の世界を

構築し始めるんです。

つまり、想像してワクワクするんです。

 

 

 

この「わくわく」を絵にも取り込めば、

あなたの背景はより一層、興味深い

物になるでしょう。

 

 

f:id:ryozin1119:20170325214859j:plain

という事で、絵の外に何かがあると

思わせる様にするポイントを書きます。

 

 

1・画面外に繋げるオブジェクトを配置する。

 「階段」・「橋」・「ドア」・「道」など。

 

 

2・絵の中だけで世界を表現しない事。

  画面からはみ出す部分があっても

  気にしない。無理やり画面内に

  書き込むと却って窮屈になります。

 

 

3・広大なイラストの一部分をトリミング

  したような感覚で描く事。

 

※トリミングとは、画像の不必要な部分を

 切り取ること。

 

 

4・画面外に続くような構図を意識しよう。

 

 

以上です!!

 

f:id:ryozin1119:20170413115749j:plain

 

 

是非、この画面外にも意識を

配って見て下さい。そうすれば

あなたのイラストは非常に興味深い物に

なり観る人を魅了するでしょう。

 

 

 

f:id:ryozin1119:20170325173119j:plain

 

あなたを底上げする1UPレッスン!!

 

 

 

さあ、あなたを今の状況から

1UPする為にすぐに行動しましょう。

 

今回あなたにしてほしいのは、

誰かにプレゼントを贈ってみましょう

中身は何でもいいです。

f:id:ryozin1119:20170416204738j:plain

 

が、気分を損ねない物がいいでしょう。

「あ、何だ」位に思われてもいいです。

用は、「中身が何なのか」という

 

見えない所に興味心を抱いてもらえる

というのを実感してもらいたいのです。

 

 

その「見えない所」を意識できれば

あなたのイラストは全てを描かなくても

魅力的に見えるイラストになる事でしょう。

 

 

少しでも早くレベルアップしたいのであれば

行動しましょう!

 

 

それでは、今回はこれで失礼します。